タイではイスラム教徒以外も7割近くがハラール食品に興味あり

マーケティングリサーチ会社のアスマークが、タイ居住の20~40代男女を対象に、『タイの「食」に関する海外調査(食生活・外食実態編)』としてアンケート調査を実施、公開しました。

調査によると、食生活にハラールを取り入れている人は1割強、またハラール以外の食生活者の7割近くがハラール食品に興味があることが浮かび上がっています。

食生活のルール

■あなたの食生活におけるルールとして、取り入れているものを全てお知らせください。(複数選択可)

ヴィーガン?ハラール?食生活にルールがある人はどれぐらい?

食生活のルールではベジタリアンが最も多く、食生活にルールがあるという回答が過半数を超える結果になりました。
年代別では、若い層に食生活の多様化が見られ、世帯月収が平均程度の生活レベルであれば、食生活にルールを取り入れることが可能と推察されます。

ハラール食品の興味関心

■あなたは、ハラール食品に興味がありますか。(1つ選択)

ハラール以外の食生活の方は、ハラール食に興味はあるのでしょうか?

7割弱がハラール食品に対して興味関心を持っており、特に高所得層と子あり世帯での興味関心が高い結果となっています。

調査名  :タイの「食」に関する海外調査(食生活・外食実態編)
調査対象者:20~40代男女
有効回答数:600サンプル
割付   :性年代均等
調査期間 :2021年6月17日(木)~6月24日(木)
調査方法 :Webアンケート
調査機関 :株式会社アスマーク


Salam Groovy Japanはムスリム市場向けの日本企業の商品・サービスを、日本語と英語で紹介しています。
掲載された情報は、60,000人以上のムスリムの皆さんにフォローされているSNSでも発信します。
掲載をご希望の企業様は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

  ,