fbpx

霜降り和牛も3Dプリンターで再現、培養肉の新技術

11月 18, 2021

大阪大学や凸版印刷などの共同研究グループが、3Dプリンター技術を活用し「和牛肉の構造に近い培養肉」を作る技術を開発しました。同研究は、英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ電子版で紹介されています。

培養肉とは、動物の細胞を実験室で培養して増殖させた肉のこと。コーランの聖典とイスラム法学者の解釈によれば、培養肉において使用される細胞が、イスラム法によるハラールな方法で屠畜された動物のものであり、製造過程で不純な血液が混入しておらず、動物由来の成長促進剤が使用されていなければ、ハラールであるとされています。

神戸牛をはじめ、和牛は海外でも人気の高い日本ブランドの牛肉。特に「霜降り肉」は、良質で適度な量の脂肪分が肉の中に入り込んでおり、ジューシーさが味わえる高級品です。

現在、世界各国で開発が進められている培養肉の多くはミンチ状。食べた時の感触は本物の肉よりも劣ると言われています。しかし、開発された新技術では、筋肉の細胞だけでなく、「サシ」となる脂肪や血管になる細胞までも人工的に培養。今回の研究が進めば、牛肉の複雑な細胞組織の構造も、3Dプリンターを使った「テーラーメイド」によって作ることできるようになります。

同研究には、和牛の培養肉ステーキを新たな輸出産業に育てたいと期待が寄せられています。

Engineered whole cut meat-like tissue by the assembly of cell fibers using tendon-gel integrated bioprinting/ネイチャー・コミュニケーションズ電子版

参考:
Cultured Meat As A New Culture In Muslim Community (Puan Norkumala binti Awangによる) / マレーシア・イスラム理解研究所 (IKIM)


Salam Groovy Japanは、ムスリム市場向けの日本企業の商品・サービスを、日本語と英語で紹介しています。
掲載された情報は、63,000人以上のムスリムの皆さんにフォローされている英語版SNSでも発信します。
日本語版SNSは、ムスリム市場進出情報を発信。ぜひフォローをお願いします。

海外ムスリム向けSNS(英語)


日本企業向けSNS(日本語)


Salam Groovy Japanへ掲載をご希望の企業様は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。