福岡県がハラール認証取得など農林水産物・食品輸出を支援

4月 27, 2021

福岡県は公式ホームページに、農林水産物・食品の輸出を促進するために必要なハラール認証取得支援などを掲げた事業要望調査を掲載しました。輸出の強化を検討されている事業者の方は、ご活用ください。

急速な人口減少社会を迎える中で、農林漁業者・食品事業者の所得を確保し、その生産基盤を維持・強化するためには、輸出に新たな活路を見出すことが重要となってきます。

一方で、それらの輸出に当たっては、輸出先国の食品衛生、動植物検疫などの観点から輸入規制が設定されており、これら規制や需要に対応できる施設と体制の整備が必要不可欠です。

そこで農林水産省主導の下、ハラール・コーシャ、ISO(国際標準化機構)、GFSI(世界食品安全イニシアティブ)承認規格、有機JASといった認証取得への対応に必要な施設や機器の整備と、その効果を高めるために必要なコンサルティング等に要する経費を支援しています。
ハラール認証取得については交付率1/2以内。

1事業申請あたりの交付金の上限5億円、下限 250万円とし、申請は5月7日(金)17時までに必着となっています。

詳しくは、福岡県のホームページをご覧ください。
・令和2年度補正HACCPハード事業の第2回事業要望調査について


Groovy Japanはムスリム市場向けの日本企業の商品・サービスを、日本語と英語で紹介しています。掲載された情報は、20,000人以上のムスリムの皆さんにフォローされているSNSでも発信します。
掲載をご希望の企業様は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

  ,