fbpx

おいしくて安心なハラールパンを、岐阜から全国へ/HANAMAZAPAN

令和版おいしいパン100にも選ばれた、ふわふわ焼立てのハラールパンが食べられるHANAMAZAPAN。岐阜県で2014年にパンの製造販売を開始し、通信販売や移動販売なども行なっています。ハラールパンの販売を始めた経緯や、おすすめ商品などについてオーナーのFauzy Ammari氏にうかがいました。

私は28年前にインドネシアから来日し、岐阜大学で博士号を取得。卒業後は高速道路を設計する会社を立ち上げ、日本を含め、東ヨーロッパ、オセアニア、東南アジアなど、世界中を飛び回っていました。
そんな私がHANAMAZAPANを立ち上げ、パン販売を始めたのは、家族のためのパン作りが発端です。私には5人の子どもがいますが、ハラールではない日本のパンを子どもに食べさせることができず、とても残念に思っていたのです。ハラールパン粉を見つけたことをきっかけに、2年ほどパン作りを学びました。

そうして自分でハラールな食パンやカレーパン、ソーセージパンなどを作り、家族と楽しんでいました。パンの写真をFacebookに投稿したところ、購入を希望するメッセージがたくさん届いたのです。私と同じようにハラールパンを望む多くの人が日本にいることに気づき、その方々に私の作った安全でおいしいハラールパンを届けようと決意しました。

まずは市役所や保健所に相談し、ビジネスコンサルティングを受けました。販売するパンを自宅のキッチンで作る訳にもいきませんから、貯金をはたいてパン工房を建てました。製造販売の許可も取得し、2014年にパンの販売を開始したのです。

テレビや新聞でも紹介していただき、先日出版された「令和版おいしいパン100」にも掲載されました。ハラールパンを求める声は全国から届いていましたので、通信販売も行なっています。それでも、東京など遠方から岐阜までパンを買いに来ていただくことがよくあります。工房では製造と販売しか行なっていませんので、ゆっくり食べられるカフェスペースも2017年にオープンしました。カフェの利用は、8割がムスリムではない日本人です。皆さんにとって安心でおいしいパンを作っていますから、ムスリムでない方にも喜んでいただけていることを、とてもうれしく思っています。
カフェでは、お好きなパンと組み合わせられるモーニングやランチメニューがとても人気がありました。現在はコロナ禍による影響で、曜日やメニューを縮小する形で営業しています。

遠方に住む方々に、通信販売よりさらに気軽に購入いただけるようにと、移動販売用の車も購入しました。京都や大阪、奈良などの近県だけでなく、愛知、静岡、東京、石川などにも出張しています。Instagramで告知しているので、是非チェックしてみてください!予め購入するパンをご予約いただき、現地でお引渡しするような形で営業しています。

ハラールはムスリムのためだけにある特別なものではなく、どなたにとっても安全なものです。HANAMAZAPANでは、ゼラチンも乳化剤も使っていません。無添加でおいしいHANAMAZAPANのハラールパンを、ぜひ食べてみてくださいね。

<企業概要>
事業者名: HANAMAZAPAN
店舗所在地:〒501-1147 岐阜県岐阜市尻毛2-84−1
事業内容:パンの製造販売、カフェ運営
公式オンラインショップ:HANAMAZAPAN
Instagram:hanamazapan


Salam Groovy Japanは、ムスリム市場向けの日本企業の商品・サービスを、日本語と英語で紹介しています。
掲載された情報は、68,000人以上のムスリムの皆さんにフォローされている英語版SNSでも発信します。
日本語版SNSは、ムスリム市場進出情報を発信。ぜひフォローをお願いします。

海外ムスリム向けSNS(英語)


日本企業向けSNS(日本語)


Salam Groovy Japanへ掲載をご希望の企業様は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

Previous post 「ラマダン」はイスラム市場におけるビジネスの絶好のタイミング
Next post Salam Groovy Japanからイードのお祝い、日本のハラール食品600点を寄贈