fbpx

JALとマレーシア航空がコードシェア便を拡大

2022年8月14日より、日本航空(JAL)とマレーシア航空(MAS)は、MASが運航する羽田=クアラルンプール線においてコードシェア便を展開することになりました。

JALとMASは、2020年7月より日本-マレーシア線において共同事業を実施しています。今回のコード御シェア便運航によって、MASの羽田便を利用するマレーシア、ASEAN、オーストラシア、南アジアからの乗客は、大阪、福岡・名古屋・札幌・沖縄などの日本国内目的地や、北米内の国際目的地への乗り継ぎが可能になりました。

また、JALは羽田経由の国内線・国際線ネットワークを拡充することで、高い需要がある東南アジア・北米間の通過需要に対応し、日本国内の主要都市へのアクセスも向上させることを目指しています。

羽田発クアラルンプール行きの利用客は、自動チェックイン機、又は、JAL・MASのウェブサイトでウェブチェックインの後、出発時刻の5時間前まで荷物を預けることができます。なお、クアラルンプールでは、同サービスをすでに提供しています。

マレーシア航空運航便
販売中
コードシェア開始日 : 2022年8月14日(日)
対象路線 :

※運航時刻は変更さ れる場合があります。最新の運航状況は両社のウェブサイトにてご確認ください。

関連記事:
マレーシア航空、クアラルンプール-東京直行便を8月より運航開始


Salam Groovy Japanは、ムスリム市場向けの日本企業の商品・サービスを、日本語と英語で紹介しています。
掲載された情報は、68,000人以上のムスリムの皆さんにフォローされている英語版SNSでも発信します。
日本語版SNSは、ムスリム市場進出情報を発信。ぜひフォローをお願いします。

海外ムスリム向けSNS(英語)


日本企業向けSNS(日本語)


Salam Groovy Japanへ掲載をご希望の企業様は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

コメント機能ご利用方法