ハラール食品を開発した企業代表、内閣府男女共同参画局から授賞

8月 25, 2021

内閣府・男女共同参画局の「令和3年度女性のチャレンジ賞受賞者」に、大分県企業、成美の岩切知美代表が選出されました。
大分県産の野菜や害獣を使ったレトルト食品の製造販売を手掛けていることが評価されての受賞です。

成美は、過去にムスリム留学生を対象としたレトルトカレーを開発しました。
同商品は、国産レトルトカレーとしては、九州で初となるハラール認証を取得。在籍学生の5人に1人がムスリムであるという、立命館アジア太平洋大学(APU)の生協で販売されています。

APUの出口学長(左)と成美の岩切代表(右)

Salam Groovy Japanはムスリム市場向けの日本企業の商品・サービスを、日本語と英語で紹介しています。
掲載された情報は、63,000人以上のムスリムの皆さんにフォローされているSNSでも発信します。
掲載をご希望の企業様は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。