fbpx

スキンケアをする理由…東南アジア諸国は“見た目”重視、日本は”悩みの解決”のため

株式会社アスマークの男性のスキンケア実態調査によると、東南アジア男性のお肌の悩みで最も多いのは、マレーシアでは「ニキビ・肌荒れ」、インドネシアでは「くすみ」であることがわかりました。

一方、日本では「肌悩みはない」が4割弱と突出。年代別でみると、年代が若いほど「ニキビ・肌荒れ」は悩みが増える傾向で、年代が高くなるほど「しわ」が増える傾向にあります。

その他、日本と比較した東南アジア諸国男性の生活実態調査については下記リンクで詳しく紹介されています。

,
コメント機能ご利用方法

コメントを残す