パーソナルケアに特化、『ハラール・コスメティクス・エキスポ』開催

6月 8, 2021

ハラール化粧品市場が急成長する中、パーソナルケアに特化した『ハラール・コスメティクス・エキスポ』がインドネシア首都ジャカルタにて開催されます。

インドネシア首都ジャカルタのコンベンションセンター(JCC: Jakarta Convention Center)において、リードエグジビション社(Reed Exhibitions Ltd.)のイン・コスメティクス(in-cosmetics)を主催者とするイベント、『ハラール・コスメティクス・エキスポ(Halal Cosmetics Expo)』が6月16日(水)・17日(木)を会期として開催されます。

ハラール・コスメティクス・エキスポは、ハラール・パーソナルケアに特化したアジア初のトレードイベントとなっており、ハラール・ビューティブランドが世界の主要な小売店、卸売業者、流通業者に対して製品をアピールする場としての活用に期待されるイベントです。

世界のイスラム教徒(ムスリム)人口の増加に伴い、ハラール化粧品がエシカル(倫理的)でかつ高品質であることが世界的に認知されるようになりました。そして文化的・宗教的にかかわらず、全ての美容消費者を対象としたパーソナルケア市場での地位を確立し、その存在感を示すようになったことから、メーカーやサプライヤーにおいては新た市場開拓の機会創出となるでしょう。

米国の調査会社ディナール・スタンダード(DinarStandard)は、ハラール化粧品市場が今後数年間で7%成長し、2024年には950億ドルになると予測。そしてその成長の多くはインドネシアが牽引することが見込まれています。

現在、世界の人口の4人に1人がイスラム教徒であり、2015年から2060年にかけての成長率は、世界全体の人口増加率の2倍以上と予測されています。世界のムスリム人口の62%を占めるアジア太平洋地域は、ハラール・パーソナルケア分野において世界最大の市場です。それを裏付ける格好で、2014年から2016年に発売されたハラール美容の新製品の内73%はアジア太平洋地域から発売されています。

Halal Cosmetics Expo
主催:Reed Exhibitions Ltd. in-cosmetics
会期:6月16日(水)・17日(木)
場所:JCC: Jakarta Convention Center


Groovy Japanはムスリム市場向けの日本企業の商品・サービスを、日本語と英語で紹介しています。
掲載された情報は、49,000人以上のムスリムの皆さんにフォローされているSNSでも発信します。
掲載をご希望の企業様は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

  , ,