第8回ハラールマーケットフェア レポート

4月 28, 2021

「第8回ハラールマーケットフェア」が、2021年4月21日からの3日間、東京ビッグサイトで開催されました。会場でGroovy Japan編集部が出会った、魅力的なムスリム向け商品・サービスをレポートします。

「ハラールマーケットフェア」は、ムスリムインバウンドやイスラム圏への輸出を目的とするBtoB専門イベントとして、国内最大の規模を誇っています。今回は、多様な食のニーズに対応する食品・食材を集めた「プレミアム・フードショー2021」の一部として開催されました。

当日、東京ビッグサイトでは、中食・外食産業に関わるイベントが同時開催されており、他のイベントを合わせた来場者数は3日間で26,457名。多くの食品業界のバイヤー・食品業界関係者を含む、幅広い来場者が会場で見られました。

株式会社ワタトー

ハラールマーケットフェアの会場でまず目に入ったのは、「きなこ」のかわいいロゴ。大正10年創業、老舗和菓子店の株式会社ワタトーさんです。伝統菓子「五家宝」を扱う数少ないメーカーで、きな粉を専門に扱っていらっしゃるとのこと。代表の渡辺さんの「きな粉を世界へ!」というお話に、熱い思いを感じます。

伝統菓子の「五家宝」を現代風にアレンジしたという、きな粉のチョコレートを試食させていただきました。ほんのり甘いチョコレートときな粉の風味が感じられる、上品な味。大変おいしくいただきました!
ハラール認証を取得したワタトーさんの伝統和菓子を、甘いもの好きのムスリムの方々に是非食べていただきたい、そしてもっとお話を伺いたいと後ろ髪をひかれつつ退散。

フロア内のセミナー会場に向かいます。マレーシア大使館によるプログラム「世界のニーズに応えるマレーシアのハラル製品」セミナーで、Groovy Japan専門家コラムを担当いただいている橋本さんが講師を務められていたのです。
「ハラール商品はムスリム消費者だけのものではない!」という刺激的な副タイトルでしたが、「ハラール認証は、宗教上の制約以外にも衛生面や品質管理の基準が明確で、規格として優れている」「商品のターゲットをムスリムも含めた全ての人に設定できる点でも、今後さらに注目される産業」との橋本さんの言葉に、改めてハラール商品の将来性を感じ、再び展示会場に戻りました。

JA京都やましろ

JA京都やましろさんのブースには宇治茶の本場、京都府山城産の高級茶葉を粉末にした「抹濃」が並びます。「抹濃」は、JA京都やましろさんの独自ブランド。抹茶を使ったスイーツは海外のお客様にも人気ですが、一般公募した抹濃の料理レシピにはスープやパスタなど意外なメニューもあり、抹茶のポテンシャルの高さを感じます。サンプルとしていただいたお茶は、香りが良くうま味もたっぷり。おいしくいただきました。

有限会社NOYAMA

京都市伏見の有限会社NOYAMAさん。純米酢とみりん風のボトルが並んでいます。お酢とみりんはいずれも日本食の調理に欠かせない調味料ですが、通常アルコールが用いられるため、ムスリム向けの食事には使用できません。
NOYAMAさんの純米酢は、原料にお米だけを使用。多くの寿司店でも採用されているとのことからも、安全なだけでなく、おいしいお酢であることが分かります。
そして、NOYAMAさんのみりん風は、お米の風味が感じられるまろやかな甘みが特徴で、法的なみりんの定義に当てはまらないため「みりん風」と表記しているとのこと。日本料理で大切な、風味と見た目を彩る“みりん”が、ハラール対応でムスリムの方向けの調理でも使用できるのは嬉しいですね。

株式会社鵜舞屋

岐阜県の株式会社鵜舞屋さんは、鮎加工品や佃煮惣菜を製造販売する、明治10年創業の老舗企業。ブースにはハラール認証を取得した鮎の塩焼き、鶏の和風煮、鮭のちゃんちゃん焼きが並んでいます。味噌や醤油など日本の伝統的な味付けで小容量、かつハラール認証取得済み。ムスリムの方に気軽に日本の味を味わっていただける魅力的な商品です。

株式会社キュアテックス 

株式会社キュアテックスさんは、熊本県・天草に、ハラール認証を取得した自社セントラルキッチンを開設しています。ホテルやレストラン向けに製造されたハラール食品を展示。エスニックファンにも好評という本格マレー料理を始め、豊富なバリエーションに圧倒されました。本格的なメニューが湯煎で手軽に調理できるのは便利ですね。

ロイヤル株式会社

ロイヤル株式会社には、おいしそうなお弁当の写真が並んでいます。機内食の提供で培った技術を、ムスリムの方も参加するイベントや学食として提供しているとのこと。彩り美しくおいしそうなこれらの食事が、全て冷凍弁当と聞いて驚きました。鰆の照焼き、白身魚の柚子餡といった日本らしい食事が冷凍で保存できるなら、利用の幅がぐっと広がりそうです。

東亜食品工業株式会社

東亜食品工業株式会社さんのハラール乾麺。ラーメン、そうめん、日本蕎麦と、ラインアップが豊富です。ハラールめんつゆは使いやすい小容量。

会場ではこの他にも、ハラール和牛や大豆発酵食品「テンペ」、インドネシアのインスタント麺など、様々な商品が出展され、マレーシアブースでは冷凍食品やフルーツなど数多くのマレーシア産食品が展示されていました。

会場でお話しすることができた、どの企業の担当者の方からも、ムスリムの方によいものを届けたいという気持ちと、自社商品への自信があふれていました。貴重な商談の時間の合間に、取材に応じてくださった企業の皆様、ありがとうございました。


Groovy Japanはムスリム市場向けの日本企業の商品・サービスを、日本語と英語で紹介しています。掲載された情報は、20,000人以上のムスリムの皆さんにフォローされているSNSでも発信します。
掲載をご希望の企業様は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。