プロバイオティクス製品のムスリム市場展開に向け、ハラール認証取得

2月 26, 2021

森下仁丹株式会社が、ビフィズス菌や乳酸菌などのプロバイオティクスを内包する継ぎ目のないカプセル「シームレスカプセル」を対象に、特定非営利活動法人日本アジアハラール協会のハラール認証を取得しました。

既に同社の主力商品である便通を改善するサプリメント「ビフィーナ」で活用されているシームレスカプセルを、今後、成長が見込まれるムスリム市場への展開を視野に入れ、ハラール認証取得に至ったとのこと。
健康に関する日本の技術を、ムスリムの皆さんにも安心して利用して頂けるようになると良いですね。

シームレスカプセルの技術を使用した商品は、日本国内をはじめタイ、ベトナム、フィリピン、シンガポール、ラオス、台湾、香港、中国などの各国各地域で販売されています。

今回のハラール認証取得により、森下仁丹は、自社プロバイオティクス製品のイスラム市場への展開を目指すほか、対象施設である大阪テクノセンター、および滋賀工場にて、ハラール認証シームレスカプセルのOEM事業を推進していきたいと考えているそうです。


Groovy Japanはムスリム市場向けの日本企業の商品・サービスを、日本語と英語で紹介しています。
掲載された情報は、2,000人以上のムスリムの皆さんにフォローされているSNSでも発信します。
掲載をご希望の企業様は、お問い合わせフォームよりご連絡下さい。

  , , ,