イードのお祝いにハラール和食を寄付させていただきます

こんにちは。
Groovy Japan編集長の大熊です。

イスラム教徒の方たちには、1年のうち1ヶ月間、ラマダーン(断食月)があります。
今年は4月13日から5月12日がラマダーンにあたり、この期間中は一部の例外を除いて、日中の飲食が禁止。
日中の飲食が禁止されている分、日没後には食事をとることが許されており、この日没後の食事のことを「イフタール」と呼びます。

Groovy Japanでは昨年、ラマダーン期間にハラール認証取得済の飛騨牛100食分を大阪のムスリム交流センター「Japan Da’awah Center」に寄付しました。

そして今年は、ラマダーン後の「イード」を祝うために日乃本食産製のハラール和食を寄付します!

ご用意させて頂く予定の商品は、肉じゃが、チキンカレー、筑前煮、牛丼の具、五目おこわ、白ごはんです。(写真は参考例)

モーリアンヒートパックに発熱剤と日乃本食産の商品を入れ、水を注げば15~20分で温かい料理を食べることができるという、技術的にも優れた商品。
賞味期限は5年もあるため、レトルト食品としてだけでなく、非常食としても活用が可能です。
いずれも7大アレルギー対応、日本産の野菜・米を使用していることが謳われています。

寄付先は、次回のブログでご紹介したいと思います。

GroovyJapanからハラール飛騨牛100人前を贈呈

徹底したハラール認証取得でムスリムに和食届けたい 日乃本食産


Groovy JapanではSNSでもムスリム市場進出に役立つ情報を発信しています。
ぜひ、こちらからFacebookページへのいいね!やTwitterのフォローをお願いします。


  , , , , ,