• 月. 6月 21st, 2021

販路拡大に補助金、ムスリムインバウンド対応にも活用可能 堺市

5月 12, 2021

大阪府堺市が、小規模事業者における販路開拓の支援を目的とした持続化補助金の公募を行っています。
インバウンド再開を見据えた補助金の活用例を見ていきましょう。

大阪府堺市が公募を行う持続化補助金(通常枠)は、小規模事業者が経営計画を作成して取り組む販路開拓を支援するもの。補助上限は50万円、補助率2/3です。創業事業者の場合、特例として上限額が100万円に引き上げられます。

想定される活用例として取り上げられているのが、ポストコロナの販路拡大を目的とする、インバウンド対応。
ムスリム対応として、宿泊施設における「外国語版WEBサイトでのピクトグラムの活用」や「ムスリム対応情報の発信」が挙げられています。ムスリムインバウンドを取り込みたい飲食店や小売店が活用しやすい「インバウンド向けの英語表記メニュー」も対象です。

補助金の申請手続き先である日本商工会議所のホームページでは、業種別の事業計画書サンプルも豊富に用意。インバウンド需要が増加傾向にある中、外国人向けの新たなツアー企画、外国語ホームページの作成に取り組む旅行業者の例など、幅広い業種の計画書例が掲載されています。申請書の記載例としてはもちろん、補助金の活用例としても参考にできそうです。

公募スケジュール
第5次締切:令和3年6月4日
第6次締切:令和3年10月1日
第7次締切:令和4年2月4日
※詳細は公式サイトにてご確認ください。

堺市
小規模事業者持続化補助金

日本商工会議所
小規模事業者持続化補助金<一般型>事務局ホームページ


Groovy Japanでは、多言語サイト制作も承っております。
詳しくは、こちらのページをご覧ください。

  ,