• 木. 5月 13th, 2021

進化する“食”のバリアフリー スープストックトーキョー

4月 16, 2021

ハラールメニューなど“食”のバリアフリーや、ダイバーシティ&インクルージョンの推進と、さまざまな取り組みを行っているスープストックトーキョー。

同社は、年齢や国籍、宗教、性的指向、性自認などの違いに関わらず、「誰にも似てない」自分らしさを尊重し合える世の中を目指しています。
そんなスープストックトーキョーが、多種多様なスープから自分だけの「誰にも似てない」組み合わせを楽しめる「“Soup for all” day」を開催。

2021年4月24日(土)・25日(日)の「“Soup for all” day」は定番・人気のスープに加え、ハラール対応メニュー「かぼちゃとココナッツのアジアンスープ」を含む12種類のメニューが提供されます。ハラール対応スープは外食店舗全店で提供するほか、グルテンフリー、ベジタリアン対応スープも登場。

4月26日(月)~5月9日(日)は、ハラール対応の全粒粉パンとスープをセットにした、「Soup for all!セット」が外食店舗全店で提供されます。

※ハラール対応メニューは各日数量限定です。

「“Soup for all” day」では、国籍や宗教を超えた「誰にも似てない」自分らしさを大切にする気持ちを、より強く感じることができそうです。


Groovy Japanはムスリム市場向けの日本企業の商品・サービスを、日本語と英語で紹介しています。掲載された情報は、15,000人以上のムスリムの皆さんにフォローされているSNSでも発信します。
掲載をご希望の企業様は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

  ,