fbpx

岐阜県、飛騨牛の輸出量アップに「ハラール認証飛騨牛メニューフェア」実施

11月 5, 2021

岐阜県が、令和2年度「清流の国ぎふ」創生総合戦略実施状況報告(概要)を公表しています。
県では、地域にあふれる魅力と活力づくりとして、次世代を見据えた産業振興を推進。「飛騨牛」の輸出事業を政策に盛り込んでいます。

飛騨牛の輸出量は2013年頃から飛躍的に伸びていますが、2020年度の輸出量は、55.0tの想定を若干下回った45.1tで、目標に対する達成度は「B」判定。同年度には、在京の大使館等を招いた「ハラール認証飛騨牛メニューフェア」などが実施されていました。
「清流の国ぎふ」創生総合戦略は2023年まで継続して行われる長期計画。県では、今後も飛騨牛のイスラム諸国への輸出拡大を目指すとしています。

イスラム教徒のツーリズム誘客に積極的な岐阜県では、2021年4月に「飛騨高山フードバリアフリー協議会」が設立されました。Salam Groovy Japanでは、同協議会の清水会長へインタビューを行い、「ムスリムフレンドリーのまち飛騨高山」の歴史と共に、協議会の取り組みを紹介しています。

令和2年度「清流の国ぎふ」創生総合戦略実施状況報告(概要)PDF

関連記事:
ムスリム観光誘致、その先へ 飛騨高山フードバリアフリー協議会 清水大地氏


Salam Groovy Japanは、ムスリム市場向けの日本企業の商品・サービスを、日本語と英語で紹介しています。
掲載された情報は、63,000人以上のムスリムの皆さんにフォローされている英語版SNSでも発信します。
日本語版SNSは、ムスリム市場進出情報を発信。ぜひフォローをお願いします。

海外ムスリム向けSNS(英語)


日本企業向けSNS(日本語)


Salam Groovy Japanへ掲載をご希望の企業様は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

  ,