fbpx

国際物流の日新インドネシア法人がMUIから倉庫保管のハラール認証取得

国際物流企業の株式会社日新はプレスリリースを通じて、同社のインドネシア現地法人「PT.NISSIN JAYA INDONESIA」が、国内のイスラーム学者評議会(MUI: Majelis Ulama Indonesia)によるハラール認証取得を発表しました。

インドネシアではJPH法(ハラール商品保証法)の施行により、2024~2034年にかけて段階的に製品8項目(食品、飲料品、医薬品、化粧品、化学製品、生物学的製品、遺伝子組み換え製品、および動物由来の成分を含む製品)と、サービス7項目(食肉処理、加工、保管、包装、配送、販売、給仕)に対してハラール認証の取得が求められます。

今回のMUIによるハラール認証の取得によって同社は、「食品に関わらず幅広い製品・サービスにおいてインドネシア領域内に搬入、流通及び売買される場合に適用されるハラール認証取得義務に対応する保管サービス体制を確立した」とし、グループ下で充実したハラール製品物流のサポートを行なうことを示しています。

関連記事:
ハラール製品保証法で変わる?日本企業のインドネシア進出


Salam Groovy Japanは、ムスリム市場向けの日本企業の商品・サービスを、日本語と英語で紹介しています。
掲載された情報は、67,000人以上のムスリムの皆さんにフォローされている英語版SNSでも発信します。
日本語版SNSは、ムスリム市場進出情報を発信。ぜひフォローをお願いします。

海外ムスリム向けSNS(英語)


日本企業向けSNS(日本語)


Salam Groovy Japanへ掲載をご希望の企業様は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。